園の歴史

当園は、寛永20年に建立されました専念寺の境内地に、戦後の混乱期に幼児教育の重要性を痛感した初代園長 太田正元、主事 太田八重により昭和24年に開園された。

開園当初は本堂とお堂のみの保育室だったが、昭和26年に木造保育室が新築される。それ以後、施設の充実を進めながら平成7年には講堂の完成に至る。その間、1万人以上の子供たちが当園から巣立っていく。

開園以来、仏の心を教育理念として「明るく」「心ゆたかに」「たくましく」を教育目標として教職員一同日々幼児教育に携わっている。

昭和24年9月
(開設)本堂、お堂を利用して小松幼稚園を開園(園児約80名 2クラス)
昭和25年3月
第一回卒園式 卒園児59名
昭和25年10月
宗教法人小松幼稚園認可 初代園長 太田正元
昭和26年 月
木造保育室新築完成
昭和31年4月
通園バス使用開始
昭和43年8月
鉄筋2階建保育室増築
昭和43年10月
創立20周年記念
昭和50年3月
初代園長 太田正元 退任
昭和50年4月
二代園長 太田敬子 就任
昭和51年3月
主事 太田八重 退任
昭和52年2月
鉄筋2階建保育室・職員室増築完成
昭和54年10月
創立30周年
昭和62年2月
保育室1室増築
昭和62年4月
学校法人専念寺学園小松幼稚園(定員620名) 理事長 太田正道 就任
平成6年11月
二代園長 太田敬子 勲六等宝冠章授与
平成7年2月
講堂・遊戯室完成
平成11年10月
創立50周年
平成13年3月
理事長 太田正道 退任
平成13年4月
理事長 太田正弘 就任
平成17年9月
理事長 太田正弘 退任
平成17年9月
理事長 太田敬子 就任
平成18年3月
二代園長 太田敬子 退任
平成18年4月
三代園長 太田洋子 就任
平成19年3月
理事長 太田敬子退任
平成19年4月
理事長 太田洋子 就任
平成23年3月
こまつ保育園開設の為保育室改築 給食室増設
平成23年4月
  • 幼保連携型認定こども園 小松幼稚園(定員475名)
  • こまつ保育園(定員30名)開設
平成27年4月
  • 認定こども園 小松幼稚園認定返上 
  • こまつ保育園は民間保育所として継続
平成27年8月
耐震補強の保育室天井張り替え 蛍光燈取り替え
平成28年4月
幼稚園型認定こども園 小松幼稚園認定(新制度)